仏教

お彼岸のお供え物

もうすぐ春のお彼岸ですね。

お彼岸のお供え物といえば、ぼたもち、おはぎが一般的ですが、実はこの二つ、名前は違いますが、元は同じもので名前が違うだけなんです。

 

あずき餅

ぼたもちやおはぎは、米や小豆、砂糖を原料に作られるお餅です。

今でこそ、こしあん、つぶあん、きな粉の有無などで呼び方を変えたりしていますが、原料は米と小豆と砂糖、これだけで基本的には同じものです。

仏教では赤色を魔除けの色と考えています。そんな赤色をしている小豆を餅と混ぜて、当時の貴重品である砂糖と合わせる食べ物は、大変な贅沢品だったのではないでしょうか。

農作物と魔除けと貴重品、これでもって五穀豊穣を願い、これを培ってきた先祖に対する感謝と供養のために春と秋のお彼岸のお供え物として用いられてきたと言われています。

ではなぜ名前が違うのか。

名前の由来

このあずきの餅、春にはぼたもち、秋にはおはぎといいます。

これは、季節の花に由来しています。

ぼたもちは、春頃に咲く牡丹(ぼたん)の花からとっています。

おはぎは、秋頃に咲く萩(はぎ)の花からとっています。

余談ですが、牡丹って原産地は中国だったんですねぇ。

漢方としても使われていて、花言葉は 「風格のある振る舞い」です。

萩は荒れ地に生えることでも知られる植物で、山火事跡などにも最初に生えるそうです。花言葉は「思案」「内気」「柔軟な精神」です。

実は夏と冬でも名前が変わる

これは風情のある言葉遊びだなぁと思う名前です。

それは、夏は夜船、冬は北窓です。

これが餅の名前なのかと、最初聞いただけではそれが何なのかわかりませんよね(笑)

どういうことかというと、餅の作り方と関係があるようです。

この餅は、一般的にイメージする杵と臼を使ってペッタンペッタンとつくのではなく、それらを使うことなく作るので音は鳴らなかったそうです。

夜船

これは、夜になると暗くて川岸に向かう船が陸からだと見えにくく、いつ岸に着いたのかわからないというのと、

ペッタンペッタンと音が鳴らないので、外からだといつ餅をついたのかわからないの、

この、「いつ岸に着いたのかわからない」と「いつ餅をついたのかわからない」を掛けたものだそうです。

北窓

これは、冬は北側の窓から月が見えなかったことから、それを「月知らず」と表現して、いつ餅をついたのかわからない「つき知らず」と掛けたものだそうです。

終わりに

めちゃめちゃ凝った言葉遊びでしたね(笑)

これは説明されないと全く分かりません(゚∀゚)

今では定番としてのお餅以外に、故人が好きだった食べ物や、自分が食べたいものをお供えしてそのあとお下がりをいただくとか、日持ちのするものを親戚や友人の仏壇に供えたりとか、みなさん思い思いにお彼岸を過ごしておられますね。

先祖供養ということがベースにありながら、当時の贅沢品としてのぼたもち、おはぎがあったように、お彼岸ということを言い訳に普段食べないものをお供え物として贅沢に選んでみてはいかがでしょうか(笑)

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です