初めてのキャンプに使うアイテムをレンタルを使って揃える

アウトドア

 

キャンプを始めるための最初の壁

最近ずいぶんアウトドアが流行っていてキャンプをする人も増えてきてますね。

自分で興味が出てきたり友達から誘われてやってみようと思ったり。

 

楽しそうだから始めてみたいと思い、さぁやるぞ!ってなっても、何を用意したらいいんだろうと疑問が出てきますね。

最初の壁ですww

 

 

第二の壁、必要なもの

色々調べて初めに揃えるべきものというのはだいたいわかったという段階に来ました。

 

テントや寝袋、ライト、テーブル、イス、焚火台などなど。

ここへくると、テントはどこのメーカの、どんな大きさの、いくらくらいのものがいいのか、寝袋はどれくらいのスペックのものが快適に寝ることができるのか。

 

初心者ならなおわかりませんよね?ww

レビューで高評価が付いているアイテムでもいくつかの悪評が気になっちゃってなかなか決まらないとか。

せっかく買うなら失敗したくなくてそれなりのものを買おうとすると結構お金がかかるんですよね(^^;)

 

 

第三の壁、キャンプにハマるかわからない

これは最初僕もすごい思いました。

時間とお金をかけて買いそろえたはいいけど、1回こっきりで終わってしまったらとにかくお金がもったいない!保管しておくのにも場所をとる。

買うものも決まって、さぁポチるぞってなる指の動きを止めるのはこれなんですよね~ww

 

これらの壁を乗り越えてようやく初キャンプに赴くことができます!!

 

 

 

スポンサーリンク

キャンプ道具をレンタルするという選択肢

そこでおすすめなのが「レンタル」です。

 

レンタルなら必要なものがセットになった商品があります。何が必要なものなのか悩む必要もありません。

例え一回こっきりで終わってしまってもレンタルなので費用は最小限で保管スペースを考えることもありませんし。

 

自分で買いたくなったらその参考にもなりそうですね。

 

 

スポンサーリンク

レンタルショップ 「そらのした」

 

レンタル品

ここはアウトドアギアレンタルショップでキャンプ道具もレンタルしています。
出典:そらのした

 

このレンタルショップの良いところは、現地にスタッフがいる場合に限りますが、キャンプ場にレンタル品を直送ができるところにあります。つまりテントや寝袋などの大きな荷物をがんばって積み込まなくてもいいんです!

注意としてはキャンプ地に送ってもいいか確認を取る必要がありますが、それはエチケットですね(^^)

 

 メリットは

高額なものもレンタルとして安く使える

セット商品があるので便利

レンタルしたものをキャンプ場に直送できる

使ったものはそのまま返却できる

 

 

セットの一例

こちらは冬用で内容は、テント、寝袋、マット、ランタン、バーナー、クッカーです。レンタル費用は1泊2日15980円(税抜き)+保証金5000円です。

保証金はレンタル品を返却すれば戻ってきます。

今は廃盤のこのモンベルのムーンライト3型というテントは当時32800円で、アニメ「ゆるキャン」で主人公の志摩リンという女の子が使っていることで人気のテントになりました。

 

このテントだけでもすでにレンタル費用を超えた価格になっていますね。

寝袋やマットも結構いいやつなのでこれらを買って揃えるとなるとなかなか初期費用が掛かってしまいますが、レンタルははるかに安く試すことができます。

 

他にはテーブルやイス、焚火台、ポータブルヒーター、果ては天体望遠鏡までいろいろレンタルすることができます。

もちろんテントの大きさやバリュエーションも豊富です。専門サイトだけあってキャンプのイメージも付きやすいし見てるだけでも結構楽しいです。

 

そらのしたはこちらから~

 

 

レンタル品の品質

取り扱いメーカーは、モンベル、コールマン、スノーピーク、ヘリノックスなどトップブランドの人気商品をそろえ、その数は200アイテム以上。カラー・サイズが豊富で女性のソロキャンパーも増えてきていることもあり女性にもけっこう人気があるそうですね!

 

レンタル品で、前回使った人がどんな人がどんな使い方をしていたかはわからないので不安ということもあると思いますが、そのあたりもオゾン殺菌など充実した業務用機器でプロがしっかりメンテナンスしているので心配はきっと取り越し苦労ですね!!

 

返却については、使用後手入れをせずにそのまま送り返してもよいということになっていますが、毎回クリーニング、殺菌をしているので衛生面でも安心ですね。

 

 

レンタルについて

期間は1泊2日から5泊6日+延長や長期レンタルできるもの15日から60日+延長のプランまであります。

 

配送業者はヤマト運輸で、深夜受取・コンビニ返却、レンタル受取・返送が簡単です。

配送料は、重複することのないように1回のレンタルでいくらという風になっています。

もしも突然の天候不良でレンタル当日のキャンセルであっても半額返金されます!

 

レンタルの流れは、

  1. 商品を選んで、フォームより仮申込み(在庫確認&見積り依頼)
  2. 内容に沿った見積の連絡を受ける
  3. 予約完了
  4. クレジットカードか銀行振込で代金を支払う
  5. 利用日前日にヤマト運輸から届く
  6. キャンプが終わった当日か翌日に返却発送手続きをする

 

 

 

スポンサーリンク

その他用意するもの

焚火をするなら薪がいりますね。キャンプ場にあったりもしますが。

あとは食べ物ですが、初めてのキャンプでそこまで気合を入れなくても最初はお湯を沸かすだけで食べられるカップ麺でも十分です。

クッカーがあるので、コンビニで鮭おにぎりなど塩気のものをおかゆやお茶漬けにするのも手軽でいいですね。その時に箸ももらっておきましょう!

 

最初からBBQや凝った料理をしようとすると、やることが多いし持っていくものも多くなるのでそこでまたハードルが上がってしまいます。

ただのカップ麺やおにぎりでもキャンプで食べるということが思い出になります☆

 

 

 

スポンサーリンク

キャンプをする場所

ここは前回行ったキャンプ場ですが、このようなオートキャンプ場ならキャンプ地まで車の乗り入れができるところも多いのでおすすめです。

 

最初なのでどんどんハードルを下げていきましょうww

オートキャンプ場は事前に登録しておく必要があると思って前もって連絡しておくといいですね。

 

写真、散らかってますねぇw 竹はコップにしたり皿にしたり湯沸かし鍋や薪にしたりといろいろなことに使いました。

 

このテントはバンドックのソロティピー1TCというものですが、この時揃えたアイテムはこちらです。

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

レンタルは、道具は何を買ったらいいのかよくわからない、何回も続かないかもしれない、お試しでやってみたいなどライトに体験したいという人にオススメできると思います。

 

ベテランでも、高額なテントを買う前にお試しで使ってみたいとか、高くて買えないけどレンタルなら安く使えるなどのニーズもありそうですね!

 

僕も買いそろえる前にこの発想に至ってれば使ってたー!!モンベルのムーンライト3型気になってたんですよね(笑)

ムーンライトの名前の由来は、月明かりでも簡単に設営できるということかららしいです。

 

キャンプやってみたいけど、道具選びが難しい、1回で終わるかもしれない、低予算で体験したいという方は、そらのしたを利用するのもひとつの手ですね☆
タイトルとURLをコピーしました