時事

志村けんさんが新型コロナウイルスでお亡くなりに

 

3月30日、ドリフターズやバカ殿でおなじみの志村けんさんがコロナウイルスに感染したことにより亡くなっていたことがニュースで流れました。

 

経緯は報道によると

3月17日に倦怠感を訴え、19日に発熱や呼吸困難が表れ療養していたが、20日に東京都内の病院に運ばれ重度の肺炎と診断された。

23日に検査の結果新型コロナウイルスの陽性と診断され、治療を続けていた。

とありました。

 

17日に感じた体調の変化から29日まで2週間足らず、潜伏期間も合わせれば一ヶ月くらいでしょうか。小さいころから好きで観ていた芸能人がコロナウイルスによって亡くなったことはとてもショックで残念です。

 

 

日本、世界で流行し、ニュースでもパンデミック(感染爆発)と報道されても、感染していく人たちは全く知らない人なので、危機感はあれどどこか対岸の火事のような印象は捨てきれずにいました。

しかし、小さいころから慣れ親しんだ有名人のこのような訃報を聞くと面識はなくとも問題は一気に身近に感じました。

 

 

8時だよ全員集合はリアルタイムでは観ていませんが、ドリフ大爆笑、カトちゃんケンちゃん、だいじょぶだぁ、バカ殿はよく観ていました。

中でも、スペシャルで放送するドリフ大爆笑、バカ殿はビデオテープで録画し何度も見返していました。

 

 

これも報道されていましたが、葬儀、火葬から、お骨拾いまで、家族でも立ち会うことができないそうです。

志村さんのお兄さんが言っていました。

 

100歩譲っても納得しきれるものではありませんが、火葬後の骨を拾うこともできないとはどういうことなんでしょうね?

 

自治体により対応は微妙に違うようですが、亡くなった後も思うようにはいかない感染症の怖さでしょうか。

 

3月31日の夜に火葬されたお骨を持った葬儀社の方が家に来られ、それを受け取ったそうです。

葬儀などの日程は現時点で未定ということです。

 

 

一刻も早い終息を願い、志村けんさんをはじめ、新型コロナウイルスが原因で亡くなった方々のご冥福をお祈りします。