お金

起業した人たちの話

 

はじめに

こういう人はごまんといると思いますが、僕にも起業家と言われる人の知り合いがいます。

今回の話をしてくれた人は、僕が社会に出てから知り合った人たちです。

タイトルに起業と入っているので、これを読もうとしてくれている人は、実際にするしないにかかわらず「起業」ということに興味がある人かと思います。

ネットで検索すると、起業で成功する人、失敗する人、統計のデータ、起業する人が減っているなどの情報を見ますが、どれだけ起業する人が少なかろうが、うまくいく人が少なかろうが、成功した人にとってはそんなデータは関係ないし、そこには「自分はしたいことをして成功した」という事実があるだけです。

データを前に一喜一憂するより、成功した人に話を聞き、その人のモチベーションを肌で感じるという経験も大事なのではと思います。

結果起業しなかったとしても、その考えはどこかで役に立つかもしれません。

年収数千万や、億稼いでる人の話は面白い。やり方はそれぞれだけど、だいたいはやりたいこと、自分にできることをやっています。

人と人をつなぐのが好きで、そういう社交の会を主催する人もいて毎月いろんな人が集まってきます。

当時はこんな人脈ができるとは思わないどころか、考えてもいませんでした。

そんな人たちから聞いた話を思い出しながら、この人たちの考え方をまとめてみました。

新しいことにチャレンジするのが好き

仲間同士で企画したもので、それはセミナーって言っていたか何だったかは忘れてしまいましたが、何かの情報を発信する会を主催して、大きな会場を抑えて募集したところ、参加者は数名だったかでほとんど集まらなかったそうです。

普通は、この状況に落胆しそうに思いますが、その人は、参加者が少ないことよりも、この情報を知らない人が多いことにワクワクしたと言っていました。

この状況は、逆に知らない人が多いことで伸びしろがあるものだと瞬時に思ったそうです。

何か新しいものを生み出すのは、こんなポジティブな人たちなんだろうなと思いました。

1回失敗したは失敗ではない

起業はリスクがある、1回失敗して挫折した人を何人も見てきた。

そう言ってきた人にはこう返すらしい。

起業して事業を続けることに失敗はない、10回やれるだけの気合があればね!

1回やって失敗した、2度とやらないという感覚がおかしい。

初めてチャレンジして1発でうまくいくなら誰も苦労はしない、10回やれば成功率は100%。

だから10回やれるだけの資金を投入してやっていこう。

銀行からお金を借りて1発勝負ばりに資金を全投入するから計画性がないんだ。

1発勝負をかけるんじゃない、10回やれるだけのリスクを自分で計算したうえで、1回うまくいかなかったら2回目やれる、3回目やれる、そうやって10回する頃には今まで投資してきたお金は全部回収できるだけの事業の成功がある。

だから、失敗したらやり方を替えてあと9回!あと8回!ということを毎日考えることが大切。

こう聞くと、確かにはじめて経験することなのに1回でうまくいくはずと思うことが、リスクを考えられていないことに他ならないと思わせられる話です。

10回やれば100%と言っても、当然やみくもに10回やるのは1発勝負と何も変わらないので、長期の計画性、リスクの計算、それをして10回もやれば自分次第で100%にすることができる、そういう意味だと思います。

まるで趣味のように会社を興す

これは僕の感想のような見出しですが、この人が年収何億という人です。

自分のやりたいことが見つかったら会社を興し、それが軌道に乗ったら、次のやりたいことの為にまた会社を興してを繰り返していると言っていました。

僕が聞いたときは、次はフグ料理屋をやりたいとか言ってた気がします。

もちろん全部が全部うまくいったわけではなく、失敗も多く経験してきたけど、成功もそれなりにしてきて今があるみたいな話をしてくれました。

これは僕としては次元が違うと思いましたが、もし起業したいと思えば相談できるし、起業したい人には自信をもって紹介できる1人であることは間違いないです☆

自分が目標とする人のアドバイスは100%実行する

まずその人、仮にAさんがしたことは、

なにはなくともまずは自分が目標とする人の話を聞く。

Aさんはその時すでに月収100万円はあったそうですが、友達の紹介で知り合ったというおじさんから、自分は月収1000万円あると言われ一気に興味が出たらしい。

なんやかんやと話をして「言われたことは120%がんばってやるので教えてください」と言ったそうです。

Aさん的にはやると決めて教えを乞うからには、120%がんばるくらいの気概じゃないとということなんでしょうね!

それから、半年で月収300万円いったらしい、、、すっすごい(; ・`д・´)

話を聞いてからは自分を変える努力も怠らない。

Aさんは、若いころはだいぶやんちゃだったらしく、周りに怖がられるように態度や表情も作ってきたという生活をしてきたので、染みついた性格を何とかしようと思い、毎日鏡の前で笑顔を作る練習をしたそうです。

今までと正反対の顔を作るギャップに相当の気持ち悪さを感じながらも、続けていると、大したもので笑顔が普通になり、今度はいわゆるコワモテができなくなってしまったそうです(*^▽^*)

そんなAさんの好きな酒は、芋焼酎の黒霧島らしいww

いろいろ飲んできたけどこれが一番合ってると言ってました。

お金を持っているからと言って、雰囲気で自分に合わない高い酒を飲むより、安くても自分に合ったものを選べるというのは親近感がわきますね☆


[芋焼酎]楽天最安値挑戦中★20本まで同梱可☆20度 黒霧島 900ml 1本 霧島酒造の90余年の永きに渡る伝統の味!【RCP】価格:719円
(2019/3/13 12:43時点)
感想(10件)

人脈を作る

何か新しいことを始めるには、それを知る人に話を聞くのが一番ですが、そんな人がいない場合、ネットで調べるのもひとつの方法ですが、そういう人が集まる場所に行ってみるというのも一つのステップとしてありなのではないでしょうか?

クラブジャパン関西という社交会を主催する方は、自分の人脈を生かし、人と人を繋ぐ、「人間接着剤」として活動しています(^ω^)

新しいことを始めるのはなかなかパワーがいりますし、不安もたくさんあると思います。

ほかの人はどういう風にしているんだろう、どんな考えをしているんだろうと、そんな話を聞けることは起業、もしくは仕事をするうえでもヒントになることは大いにあるのではないでしょうか☆

目的として人脈を作るということですが、面白い人を見つけるというスタンスで行けば、宝探しみたいに楽しめるのではと思います。

僕も友人の誘いで初めて行ってから何度かお邪魔しましたが、本当にいろんな人がいます。

会社の代表で参加している人、医療に携わる人、ジムを運営している人、その中でも驚いたのは、今は無い省庁だけど、科学技術庁の長官だったという人から、衛星から撮ったという地球の写真をもらったことです(笑)

ネットで拾ってきたような画像になってますが、プリンターでスキャンして端はトリミングしました。一応オンリーワンにするために5円玉と一緒にスキャンしました(笑)だってご縁だからww

それから、スリランカから福祉協会の代表として駐日しているお坊さんもいました。

オレンジの衣を着て一人だけ様子の違う人がいるなぁと思ってましたが、国に保育園だったか学校だったかを建てたいと日本で活動しているそうです。

志が高い(゚∀゚)

ちなみにこの社交会とはこういうものです(=゚ω゚)ノ

https://www.cjp-kansai.com/cs.php

終わりに

タイトルは、起業した人の話ということにしましたが、個人的に持っているサンプルはそんなにないため、統計的な特徴を分析ということではなく、こういう考えを持つ人が成功していくんだなと生で見聞きして思ったことをまとめました。

何をもって成功というのは人それぞれだと思いますが、少なくともこの人たちは人生を楽しんでいるように見えます(^^)

お金がすべてではありませんが、楽しむための選択肢はお金の多少で増えたり減ったりするというのもまた事実です。

しかしなぜ稼ぎたいのか、それがすぐ思いつかなければ現状に不満はないわけですから、特に急いで必要以上に稼ぐことはないと思いますが、お金はいっぱいあっても邪魔になるものではありません(笑)

やりたいことがある、将来が不安、理由は様々あると思いますが、自分がなぜ起業したいのか、なぜ稼ぎたいのか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

お金を稼ぐ6つの理由

 

Sponsored Link

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です