健康

新型コロナウイルス対策に関するライン通知の信ぴょう性

 

先日ラインの友達からコロナウイルスに関する対処の方法が説かれた長文のメッセージが届きました。

 

内容は、

「知り合いの医療関係の人またはドクターからウイルス対策の情報を受け取ったので原文のまま拡散しています」

というものです。

 

関連のない2人から同じ日に送られてきました(笑)

 

書かれていた対処法は次のようなものです。

 

 

 

 

書かれていた対処法にツッコミ!

 

対処法01

コロナウイルスは非常に熱に弱いことがわかりました。耐熱性に乏しいので、26度から27度でウイルスを殺すことができます。なのでより多くのお湯を飲んでください。冷たいもので体を冷やすのは厳禁です。

 

というものです。

 

これは読めばすぐわかりますが、27度で殺せるならそれより高い体温で死ぬということですよね!

これを信じるなら、何も対処する必要はありません(笑)

感染しても体に入った時点でウイルスは死んでしまうからです(笑)

 

しかも27度はお湯というにはかなり低温ですよねww

 

 

 

対処法02

カテキン入りのお茶と体温より熱いお風呂が有効です。お風呂は免疫が高まります。

 

お茶に関しては殺菌作用があり、 飲んだりうがいしたりするのは風邪予防には効果的だと言われていますね。

 

しかし体温より熱いお風呂が有効ということですが、お風呂は普通体温より高いですよねww

だいたい38度から40度、または熱めの41度で入る方もいます。

 

 

 

まとめ

どうでしょう?

専門家のアドバイスにしてはツッコミどころがある内容ですねw

 

体温が1度下がると免疫力は大きく下がると言いますし、体を冷やさないように意識して温めようということであれば、日常生活を改めて確認しようという喚起にはなるかもしれませんが。

Sponsored Link

 

 

 

 

ウイルスに対する医師の助言なるもの

 

助言01

コロナウイルスは個体が大きく400nm(ナノメートル)から500nmなので、ウイルスに対応したマスクでない普通のマスクでもフィルタリングできます。

 

国立感染症研究所によると、電子顕微鏡で確認できるコロナウイルスは100nm

で、これをマスクで遮断しようとすると

  1. BFE(細菌遮断率約3.0um)
  2. VFE(生体ウイルス遮断約0.1~5.0um)
  3. PFE(ラテックス微粒子ろ過率0.1um)

1um(マイクロメートル)=1000nmなので、このようにマスクの規格としては最低でもVFEという規格以上のものでなければウイルスは容易にマスクを通過していくことになります。

 

しかしながら、コロナウイルスは主に飛沫感染と言われているので、BFE規格であっても飛沫を遮断することはでき、一時的には効果を発揮します。

飛沫は約2時間で乾燥するそうなので、それ以降ウイルスをマスク越しに吸い込んでしまうことになるので短時間での定期的な交換の必要があります。

 

 

これは、誰かわからない医師と国立感染症研究所とどちらを信じるかですねw

 

 

 

助言02

コロナウイルスは、金属下では12時間以上生存し、服に付いたものは6~12時間は生存するので、太陽の下に置いておけばウイルスを殺すことができます。潜伏期間は27日。

 

これは2月6日にドイツルール大学ボーフムとグライフスヴァルト大学病院衛生研究所の研究グループからある発表されたそうです。

インフルエンザウイルスは飛沫によって物に付着した場合の生存日数は1日~2日程度だそうですが、この新型コロナウイルスは最長9日間の生存の可能性がある。

 ということです。

 

あと太陽の下で殺菌できれば建物の中よりむしろ外の方が安全ということになりそうですww

 

 

物に付いたウイルスの対処法としては、アルコール消毒ももちろんですが、塩素系漂白剤を0.1%に薄めたもので拭き取れば1万分の1まで減らすことができるそうなので、怪しいところは入念に拭いて0に近づけることができそうです。

 

 

 

まとめ

マスクの効果とウイルスの寿命ですが、個人的にはいまいち信用しきれない内容です。

僕が良いと思っている情報も100%正しいという裏付けはないですが、この文章を見ると日本語が微妙におかしかったりするし情報源もはっきりしないところからなんか信用できないですねw

ちなみに、ウイルスは服やマスクなどに付く場合と金属などツルツルしたところに付く場合とでは寿命が大きく変わるそうです。

服やマスクには6時間から12時間、ツルツルしたところには60時間ほど生存するらしいです。

 

スマホも画面はツルツルしているので、連泊コースだそうです!

そもそもスマホは便座よりも汚いと言われているので、気が付いたらきれいにすることを習慣づけた方が良いかもわかりませんねww

Sponsored Link

 

 

 

 

おわりに

 

このメッセージでの情報は、文章から発信源を追うと

 

発信源01

バレーの全国審判仲間の、武漢研究所に派遣される医師の米国友人から送られてきたものを、知り合いのドクターから教えてもらったという東京の病院の看護師さんから届いたもの。

として拡散されています。

 

発信源02

医療機関に勤めている方から受け取ったという廣井さんから届いたもの。

潜伏期間情報は、民間の研究機関(医科大学)とアメリカから。

福岡の医療機関(医科大学)から。

 

 

まとめ

 

医者とアメリカというのが信ぴょう性を高めるワードになっているのでしょうか詰め込みすぎて面白くなってますねww

 

東京の病院とは実は実名で書かれていたのですが、当の病院はそんな情報を出した覚えはなく問い合わせが殺到しているので業務に支障が出ていると怒っているそうです。

総務省もこれに関して→→注意喚起←←をしています。

 

僕は、「気を付けよう」と思いました!

Sponsored Link