お金

お金を稼ぐ6つの理由

 

みなさんは、なぜお金を稼ぐのでしょうか?

生活のため、将来のため、遊ぶため、欲しいものを手に入れるため、子供や孫、パートナーに残すため、社会貢献のため、理由は様々あると思います。

みなさんはどんな理由があるのでしょう。

6つの理由

ノー!と言いたいから

働いていると、時々理不尽な要求をしてくる人や、クレームを言ってくる人がいたりして、やりたくもないことをやらなければならない、そんな現実があります。

もちろん、そういう難題をクリアしていく達成感や、それに伴う成長があることもあります。すぐ楽な方楽な方へと逃げていくのもあんまりよろしくないのではと思うところもあります。

これは、 理不尽な要求をされたとき、 経済力がないためにやるしかないという選択肢しかないのか、経済力があって、首を切られても何ともないからやることもできるし、やらないこともできるという選べる自由があるということです。

この自由があるかないかで、その要求に対応するときの気持ちの余裕もだいぶ違ってくるのではないでしょうか?

経済的な理由で友人などの誘いを断りたくないから

友人から、飲みに行こう、遊びに行こう、旅行に行こう、と言われたとき、お金がないからという理由で断らなければならないことを無くしたいから。

旅行に行こうと誘ってくれるほど仲の良い友人なら、同じ断るということでも、お金がないからということはできれば理由にしたくないですよね。

友人に限らず、恋人や家族でも同じことが言えそうですね。

自分の好きな人たちに経済的な貢献ができるから

これは、お金をばらまこうということではなく、例えば子供を育てようと思った時、自分の理想とする環境で育てたいと誰もが思うと思います。

自分の好きな人に少しの贅沢をさせてあげることもできます。

家族で介護が必要になり、施設に預けざるを得なくなったとしても、より良いところに送り出すこともできます。

質の高い経験や教育を受けることができるから

経験や教育は、お金をかければかけるだけ良いというものでもないとは思いますし、そもそも質とは何ぞやということもありますが、やはり選択できる幅が広がるという点においては、自分が良いと思うところに身を置けるまたは置かせることができるという可能性は大きくなるのではないでしょうか。

他人を助けることができるから

いわゆる社会貢献的なことでしょうか。

1~4は言えば自分とその周りのことです。

自分が豊かになれば、その感覚を近しい人にも分けてあげたい、共有したい、おもてなしをしたい、そう思うのは割と自然なことですよね。

その範囲をもっと広げてみようというのがこれです。

お釈迦さんの托鉢の話で触れましたが、豊かさというのは与える喜びを知ってこそさらに得られるものもあるのではと思います。

自分の手の平に収まるものはたかが知れています。

両手がいっぱいになったら、あふれていくものを拾うこともできません。

だったらそのあふれた分は周りに分けて、それでもあふれる分は他人に分けられるだけの余裕があった方が心ももっと豊かになるんじゃないかということです。

被災した地域に、いち早くプライベート機で支援物資を届けるスターもいるくらいですからね☆

かっこいい(*´▽`*)

自由になりたいから

これは今までのをひっくるめたようなところもありますが、、結局のところこうなることが最終目標みたいなところもありますよね(笑)

お金があって時間もあれば、好きなことができます。

好きなことと言っても、好き放題するというよりは、選択する自由が増えるということです☆

そうなることを望んで、がんばって働いたり、貯金をしたり、年金を払ったり、保険に入ったり、宝くじを買ったり、投資をしたりするわけですから。

終わりに

その一方、身の丈に合った収入があれば別に大金を稼ぐ必要はないという人はいます。これは全然悪いことではないですよね。

しかし、収入がたくさんあると、がめつい、お金に汚いと、まるでがんばって稼ごうとすることが悪いことのように、そういうイメージを持つ人もいますね。

さぁこれから頑張るぞ!と思っても、そういうイメージを持つ人を気にしながらだと、行動と心のバランスが悪く必要以上につかれてしまいそうです。

だって、大金を稼ぐのが悪いことと思いながら、なぜか罪悪感をもって稼ごうとしているんですから(;’∀’)

お金は、選択肢を広げるための手段の一つ、がんばる人の足を引っ張ってはいけませんよね(^^)

みなさんの理由に当てはまるものはあったでしょうか?

物事を進めていくには、行動と心を一致させることが重要です。

どんな理由でも簡単なものでも、とりあえず目的を明確にすることが一歩目ですよね☆

Sponsored Link

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です