観光

又兵衛桜

奈良県宇陀市大宇陀本郷 というところにあるしだれ桜で、通称「又兵衛桜」と呼ばれている桜です。

又兵衛桜の名前の由来は、大河ドラマの「軍師官兵衛」「真田丸」に登場した人物で、後藤又兵衛基次(ごとうまたべえともつぐ)の名前から来ています。

宇陀市の観光協会情報サイトでは

大阪夏の陣で活躍した戦国武将後藤又兵衛が当地へ落ち延び、僧侶となって一生を終えたという伝説が残り、この垂れ桜が残る地も、後藤家の屋敷跡にあることから地元では「又兵衛桜」と呼ばれて親しまれている。

と紹介されています。

 

位置関係はこんな感じです。

パーキングは近くにありますが、少し離れた矢印の部分にもあります。

この時期だけかわかりませんが駐車料金500円かかりました。

 

個人的には近くに止めるのも良いですが、少し離れたところから遠めに見ながら歩いて近づくのもワクワク感がありいいと思いました☆

 

 

桜以外には、桃の花や木蓮などほかにもいろいろ植えられていて結構楽しめました。

 

 

桜並木もきれいですが、メインの桜1本を映えさせるような宇陀市の花見スポット。

 

 

ぜひ押さえておきたいです(*´▽`*)

 

Sponsored Link