サブスク型プログラミングスクール3選

プログラミングイメージ プログラミング

 

プログラミングに興味が出てきたので学んでみたい!

そう思ってはみたものの、全くの未経験でいまから何とかなるのか? 勉強に避ける時間がそれほど多くない、スクールに入るにしてもどこを選べばいいのか、その場合授業料はいくらくらいか? など新しいことを始めようとするといろいろと疑問がわいてきますね。

せっかくやる気が出てきたのにとっかかりがつかめず冷めてしまうのはもったいないですよね!

 

そもそもスキルを身に付けたい、勉強したいという人はどのくらいいるのか?

平成30年、内閣府政府広報室が行った生涯学習についての調査では

(調査対象:全国18 歳以上の日本国籍を有する者 3,000 人。そのうち有効回収数は1,710 人。)

引用元:内閣府「生涯学習に関する世論調査」の概要

 

この結果から、学習環境はインターネットや職場で、理由はスキル習得のため、それが人生に生きているというものになっています。そして学習しないと回答した人は、必要性を感じないということを除けば忙しさで時間がつくれないためなので、そのうちの数%は学習はしたいができないという状況もあるかもしれないということがわかります。

 

学習方法

プログラミングスクールにおいては、オンラインで学べるものも多く、忙しい中でもちょっとした隙間時間に学習できるということを長所に挙げているスクールもたくさんあります。プログラマーとしての仕事もオンラインで完結するものもあるので、スクールにあっても同じことができるということですね。

 

サブスクとは

初心者向けのプランを持ったスクールは数多くあります。転職サポートなどバックアップは厚いのですが、その分お金のことで最初の1歩が踏み出せないということもあります。

そんな時はサブスク型のスクールを選んでみましょう。

 

サブスクとは、サブスクリプションの略で、1商品ごとにお金を支払うのではなく、決められた金額を支払うと、一定期間対応する複数の商品を自由に利用できる権利を得られるというものです。会員制のジムみたいなものでしょうか。

それをスクールに当てはめると、月額料金を支払うとプランのサービスが使い放題になるというものです。プログラミングの習得が早ければスクール料金は低く抑えられるかもしれません。

 

ではそんなサブスク型スクールを3つ見ていきます。

スポンサーリンク

 

Freeks(フリークス) | 業界初のサブスク型オンラインプログラミングスクール

 

FREEKSは「TSUKURU」ができるエンジニアの育成を目指しています。

TSUKURUとは

  • モノがつくれる 高い知識と技術力でモノつくりができるエンジニアの育成
  • 仕事がつくれる 高い営業力と提案力で仕事をつくりだせるエンジニアの育成
  • 人がつくれる  人間力を高め後進を育てることもできるエンジニアを育成

これらをコンセプトとしています。

 

これらの人材を「TSUKURU」ためには実践経験が不可欠です。

エラーがつきもののプログラミングをシステム開発の現場を経験したエンジニアが常駐し直接対応して不明点を解消していきます。来校できなくてもシステム内のチャットでの質問にも対応しています。

カリキュラムはオンラインで受講することも校舎で受講することも可能で、進捗によってチェックテストも行い、その人に合ったライフスタイル、ペースで学習できます。

FREEKSのすべてのカリキュラムが学び放題で頻繁に開催される勉強会の参加費も必要ありません。現役エンジニアが講師に付き、模擬プロジェクトによって実践力を育てていきます。

 

受講料金は、入会金、退会金は0円で月額9,800円ですぐに受講できます。サブスクなのでカリキュラムに卒業、修了というものがなくスキルを身に付けたら約300社にものぼる業務提携先やシステム開発を行っているクライアントさんへの転職をサポートする制度も利用可能です。

 

学習にまとまった時間が取れなくても、FREEKSは校舎でも自宅でも隙間時間や好きなタイミングでいつでもどこでもカリキュラムが進められるオンラインカリキュラム方式を採用しているので、wi-fi環境があればカフェなどでゆっくりと進めるのこともできます。

FREEKS(フリークス)の詳細を見てみる

 

Tech Pertners College(テックパートナーズカレッジ) | エンジニアとして生き残る力を身に付ける

Tech Pertners Collegeは、WEBシステム開発会社として10年の実績がある株式会社セルバが人材事業として運営するスクールです。

リモートワークに特化したプログラミング力を身に付けることに力を入れていて、在宅で仕事ができる職の転職・就職をサポートしてくれます。外出が難しい時期においてもネット環境があればどこでも仕事ができる実力を伸ばしていきます。

 

特徴は

  • PHP言語に特化したカリキュラム
  • 未経験からでもプロとして活躍できるだけの実力を付けることが目標
  • 受講生と卒業生対象の無料サロンでエンジニア同士のつながりが切れない
  • 実践こそ最大の学びとして受講期間中でもスキルが身に付けば就職支援を受けられる
  • 14日間の無料体験期間が設定されている

 

スクールに通って学びを得ても実はみんながみんな就職できるとは限らないそうです。なぜなら現場で活躍していくには、スクールで得たスキルと実務で必要なスキルには大きな差があるためとしています。

Tech Pertners Collegeは、卒業後すぐにでもプロとして通用する実力を身に付けられないかという思いから立ち上がったスクールです。働くことは稼ぐこと、スキルに合わせた課題をマンツーマンで指導しエンジニアとして稼ぐ力を育ててくれます。

初期費用無料(14日間無料体験期間あり
月額費用(税込み)学生 :50,000円
社会人:60,000円
学習コース割引制度サポーター割:月々15,000円割
女性割   :月々10,000円割

代表講師の方がTwitterのDMで質問を受け付けてくださっているので、入校前にいろいろけるのも良いですね!

Tech Pertners College(テックパートナーズカレッジ)の詳細を見てみる

 

ウェブカツ | 現役のエンジニアも通うプロの「力」

口コミによる入会が毎月150人というSNSでの人気No.1のプログラミングスクールです。

転職がゴールではない」のキャッチフレーズで、ウェブカツが提供するのは年収1000万を目指していく非常にプロ志向の高い学習環境です。そのため生徒の27%は現役のエンジニアだそうです。

特徴は

  • 顧客満足度99%
  • 22講座474レッスンのマンツーマンではない動画自習型カリキュラム
  • 未経験でも習得難度が低く高単価な案件が豊富な言語に特化して学べる
  • 卒業後2年間は企業選び、営業方法、仕事獲得方法などを徹底サポート
  • 無料の仮入部でレッスン動画を体験してから本登録するかを決められる

ウェブカツでは未経験でもやり遂げることができる徹底した仕組み作りをし、講師のスキルによる学習品質の違いを排除するため動画自習型を採用し、それでも十分進められるカリキュラムを組んでいます。質問があればチャットで質問ができ、マンツーマン指導を求める方には1回から購入できるマンツーマンレッスンも利用することができます。

もうひとつには、学習効率を最大化するため、未経験者はJavaやRubyは絶対学んではいけないと言い切り、フロントエンドエンジニアとして必要なスキルセットと高単価で豊富な案件と低い学習コストのPHP言語の学習に力を入れています。

プランは3つあります。

レギュラー部員スタメン部員スター部員
部費月額20,000円月額39,800円一括360,000円
月間学習時間60時間以下80時間以上160時間以上
1時間あたり333円498円375円
入会金50,000円なし
初月分部費日割りなしありあり
利用可能期間1ヵ月ごとに自動更新6ヵ月(180時間)
質問無制限
進路相談無制限
卒業試験あり
途中解約可能

ホームページにはウェブカツのことをマンガで読みやすく紹介しています。

ウェブカツの詳細を見てみる

 

おわりに

プログラミングを学ぼうと思ったら、独学から始めてもいまやYou Tubeなどで無料でプログラミングを教えている人もたくさんいます。それで習得できるなら一番お金はかかりませんが、その孤独な学習によって成果を得られる人はすごいですよね!

在宅で仕事ができるようになるというのは今の時代に合っていると言えます。いちど独学でやってはみたけど途中で挫折してしまったという方はいっそのことスクールを試してみてはいかがでしょうか。

今回紹介した3つのスクールはそれぞれ特徴があり、無料の体験期間もあったりするので、どんなものか覗いてみるのもいいかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました