健康

耳管開放症の治療に手術という選択肢

 

手術の流れ

手術は、鼓膜を切開し、開放状態にある耳管の隙間を狭めるように、シリコンでできた耳管ピンなるものを挿入するというもの。

大きさは大、中、小とあり、個人的には大にしたかったけど、先生から中がいいんじゃないかと言われたのでそうした。

手順は、切開する側の耳を上にして、耳の中を麻酔液で満たし、電極を入れて電気を流す。

時間が経ち電極を抜くときに一瞬クラっとするがまぁ何でもない。

手術台に行き、横向きに寝ると、目の前にモニターがあり、手術はそれを見ながら進めるようだ。

僕も見ることができるが、正直見てられない(笑)

鼓膜を切開し、耳管ピンを入れるときは何とも言えない違和感。

手術が終わり、先生と話をしてすぐ帰ることができる。

鼓膜は自然に治るのを待つので、開いたままΣ(・□・;)

手術後の経過観察

意識すると耳から息を吐くことができるww

吸うとクラクラするのでやらないww

鼓膜が開いたままなので、風呂などで濡らしてしまわないように耳栓をつける。

術後は異物感があり、しゃっくりすると耳管ピンのせいで耳の中が痛い(^^;)

これは日が経つと気にならなくなった。

耳鼻科の先生に報告に行くと、カメラを入れて確認し、鼓膜越しにグリーンの耳管ピンがうっすらと見えた。

これでしばらく様子を見るのだが、どうも改善されてない(*_*)

またルゴール治療の日々ww

いつの間にか鼓膜越しに見えていた耳管ピンが見えなくなっていた。

どこ行った(・□・;)?

再手術と治療費

鼓膜が治るのを待ち、今度は大の耳管ピンを入れてもらいに病院に行く。

前と同じように麻酔をかけて、診察室へ。

今度は、診察室でお互い座ったままの手術が始まったw

以前とのギャップに驚いたが普通に終わった。

前は助手みたいな人が2人もいたのにw

手術代は、前回は1万円ほどだったけど、今回は100円くらいだったww

手術台を使う使わないとか、効果がなかったとき、再手術の保証的なものがあったのかとかよくわからないけど、まぁ安いのは良いことだ☆

耳管ピンの効果

術後、様子を見たけどやっぱり効果はない、、、

鼓膜越しに見えた耳管ピンもやっぱり見えなくなる!

どこへ行くんΣ(゚Д゚)!!?

保険が適用されたということは、耳管開放症も認知されてきて、この手術の効果も証明されてきてのことだと思うけど、僕には効果がなかったのは残念。

まぁまたルゴール生活に戻っただけ。

保険適用外の時にしなくてよかったww

次回はなぜか改善するまでの話

Sponsored Link

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です