健康

自分的に耳管開放症の治療に一番効果があった治療法

術後、今ならどうかとまた漢方を試したりしたけど、やっぱりダメ。

処方してくれる薬局の方は、加味帰脾湯はほかに頼む人がいないので、僕のために用意してあると言ってくれていましたww  ありがたい(^^)

また月日が経ち、ルゴールはしないとどうしようもないけど、これもしんどいので、先生に、ルゴールの刺激を減らすために食塩水で薄めてはダメかと尋ねると、それでもいいと言ってくれたので試してもらう。

刺激は幾分ましになり持続日数も変わらない☆

ルゴール治療を少しでも楽にするために、いくつか案を考えた。

ルゴール治療のまとめ

1、ルゴールを食塩水で薄める

2、ルゴールを入れて耳管からあふれてくる分を吸引してもらう

3、処置後すぐに鼻うがいをする

 

1の割合は持続日数で決めればいいですが、僕は6(ルゴール):4(食塩水)で10割ルゴールと同じくらいの効果がありました。自分で試していい割合を見つけてください☆

2はしっかり鼻の奥まで吸引してもらうとだいぶ違う。

3は処方箋で鼻うがいセットを出してもらい、毎回耳鼻科に行くときに持っていく。処置後、すぐトイレで鼻うがいをするのだけど、水は持参する方がいいですねw

あとは少しあったかい方が鼻にやさしい。

食塩を混ぜてするので全く痛くない☆

片方の鼻の穴から注入して、もう片方の穴から出すようにするときれいに鼻うがいできる。

改善の兆し

そんなこんなで治療を進めていくと、ある時、2週間を超えても症状が出ないことに気付く。

最後に処置をしたのは、去年の4月末。それから怪しい日が何度かあったけど持ち直す。お盆には連休があるので、その間に症状が出ては困ると、連休前にルゴールを入れてもらう。

今まで長年ルゴール漬けになってしまっていた耳がどうなっているのか確認してくれたけど、普通にきれいな状態だった☆

同じ理由で年末にも一回行った。

実は年末までの間に、今度は逆に開放どころか耳抜きもできないほど詰まった状態になってしまっていた。

耳の中に水がたまり鼓膜の動きが弱くなるほどに、、

でも僕にとっては、開放症よりはるかに楽なので、これからは水がたまらないように意識的に耳抜きをするということで、応急的な処置だけしてもらった。

今頃になって2つの耳管ピンが良いところにぴったりはまったのか、よくわからない(^^;)

体重はこの数年全く変化なし。

いったいなぜ(; ・`д・´)

まぁ僕には喜ばしいことだけど、要因は知りたい!

長年付き合った耳管開放症

またいつ再発するかわからないけど、今はとりあえず喜んでます。

同じ症状で苦しむ人に何かヒントになればと今回このテーマにしました。

治療方針など、何かカケラの役にでも立てば幸いです。

Sponsored Link

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です