03、SBI証券口座の初期設定

お金

 

スポンサーリンク

はじめに

 

本人確認書類の提出が完了したら、次は初期設定になります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

初期設定

 

口座開設申し込みや審査が完了したときにお知らせメールが届きます。

そこに-初期設定はこちら-というところでURLが記載されているのでそこからこの画面に飛べます。

 

 

 

 

情報登録

  

国籍や職業などの質問に答えていきます。

 

 

インサイダー登録については、上場企業に勤めていない場合は未記入です。

 

 

 

振込先金融機関口座の選択

 

SBI証券口座から出金するときの振込先になる口座を登録します。

証券口座を作るときに登録した名義人と同じ名義の口座でなくてはいけません。

振込先の金融機関名を検索します。

ここでは証券口座から銀行にお金を移すための登録ですが、赤枠内の金融機関なら銀行から証券口座に買付余力のための入金を行う場合、「即時入金サービス」によって入金作業を終了した瞬間に証券口座に反映させることができます。

振込手数料は無料です。→即時入金サービス

 

 

ゆうちょ銀行の場合は下記注意書きがあります。

 

 

 

国内株式手数料プランの選択

  

このプランの選択は、おおまかに1日に1回しか取引しないような人はスタンダードプラン、1日のうちに何度も取引を行うような人はアクティブプランでいいそうです。

このプランはあとから変更可能なので、とりあえずスタンダードプランにしました。

 

 

 

配当金受領方式

 

NISAで非課税の恩恵を受けるためにチェックを入れて次へ行きます。

 

 

 

投資に関する質問

 

ここからは、投資の目的などのアンケートに答えていきます。

 

 

 

登録内容の確認

 

入力してきたことを確認して間違いがなければ登録します。

 

 

 

 

その他の登録

 

取引口座は他にもいろいろあり、興味のあるものは開設していきます。

 

初心者であればいきなりいろいろ始めるのも大変なので、この時はすべてのチェックを外しました。

 

 

以上で初期設定は終わりです。

 

 

 

その後PRとしてこれらの口座開設の案内ページに来ますがスルーしました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

 

以上で登録作業は終了したので、SBI証券より送信された本人確認書類審査完了メール内で案内されている「取引パスワード通知書」が郵送で手元に届くと取引が始められるようになります。

  

届くには数日かかるので楽しみに待っていましょうww

タイトルとURLをコピーしました